Loading…

スポンサーサイト

Posted by すー on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

南部鉄瓶

Posted by すー on 15.2015 日々あれこれ   4 comments
昨年秋 川越の蔵町を観光した時に気になった品物が南部鉄瓶であった。

川越で南部?と思って問うたところ盛岡からの仕入れ商品だった。

結構なお値段だったのでその場では買えなかったが手に取った時のズッシリとした感覚だけ持ち帰った。


昔はどこの家にも鉄瓶があってお茶を入れるのは鉄瓶の湯だった。

貧しい我が家にも黒い鉄瓶があった。

鉄瓶はその後廃れていくが、最近ではデザインも洗練されて欧米では人気だそうだ。


川越で見た時から折に触れて鉄瓶が気になっていた。

そして今回 (保存状態の良い)注ぎ口のすっきりとした南部鉄瓶をゲットする事ができた。



P1040214.jpg



早速ネットで使い方を確認して煎茶とコーヒーを入れてみた。


さて初めてのお味は如何か?

鼻と舌で味わってみると少し金気の臭いがするもののまろやかな感じがした(欲目かも知れない)。


天気の良い午後のひと時、鉄瓶で湯を沸かしてコーヒーを入れる (と言ってもインスタントだが・・・)。


沸騰すると注ぎ口がら蒸気が勢いよく吹き出る。

ガスの火を小さくすると鉄瓶の中で湯が踊る音が気持ち良い。


湯は全部注ぎ切って少し空焚きして中の水分を飛ばし切る。

使い込むと内側に白いコーティングが生成されて味が良くなり、一晩くらいの残り湯では赤錆も出なくなるそうだ。


普段はテフロンコーティングのポットの方が断然便利ではあるが、

気が向いたときに鉄瓶で湯を沸かす程度ののんびりしたリズムも良いものだ。
(なにせ現役引退組には時間がたっぷりあるのだから・・・)

そんな訳で、

これからこの鉄瓶がちゃんと育つように付き合って行きたいと思っている年初です (^○^)



スポンサーサイト

すーさん、こんばんはご無沙汰していますm(_ _)m

南部鉄瓶ですか、イイですねぇ~!
わたしは最近出勤前の朝の一時、緑茶を飲むことがあります。
ステンレスのヤカンで湧かした湯を使っていますが、
このブログを見ていたら、南部鉄瓶が欲しくなりました。
でも、高い・・・(/_;) さらに、管理も難しいんですね、知らなかった!

とはいうものの、南部鉄瓶は魅力的です。
2015.01.16 23:48 | URL | ぴーかん #HfMzn2gY [edit]
ぴーかんさん、こんばんは、
こちらこそ、ご無沙汰しています m(_ _)m

変哲もない生活道具ですが今は生活の中から消えてしまいましたネ。
使い勝手から見れば面倒だけど物珍しさも手伝って懐かしさを楽しんでます。

天気予報では信州の雪マークが多くなりましたねー。
ひ弱な私が言うのもへんですが「お身体ご自愛されて元気にお過ごしくださいネ」e-68
2015.01.18 23:47 | URL | すー #- [edit]
我が家も昔はいくつかあったようですが何処に
行ったか判りません。
今度は火鉢が要るのでは?
似ていて異な物ですが、家の近所に金属を
叩き出して作る鎚起銅器なんてのが有ります、
これも中々味わい深いですよ
2015.01.26 09:45 | URL | よこ #EMX8otDw [edit]
よこさん、こんばんは~!

> 我が家も昔はいくつかあったようですが何処に
> 行ったか判りません。

そうですよねー! 昔はどこの家庭にもありましたよネ。
子供のころ、お袋が鉄瓶で湯冷ましの水を用意してくれたのを思い出します。
ちょっと鉄臭くて飲みづらかったけど、夏場は腹に良いと言われて飲んでました。
今はそんな事する子育てないですよネー(^o^)

> 今度は火鉢が要るのでは?

いえ、いえ、火鉢を置いておく場所がありません(´・д・`)

> 似ていて異な物ですが、家の近所に金属を
> 叩き出して作る鎚起銅器なんてのが有ります、
> これも中々味わい深いですよ

ご近所にそんな素敵な工場があるんですか!
TVで見た事があります、・・・大した職人技ですよネ。

2015.01.29 00:07 | URL | すー #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

すー

Author:すー
何か「ほー」っとするんです。
こんな雰囲気とは程遠い自分です。


YouTubeもよろしくです♪
【suu825 <== こちらです】

YouTube で会いましょう

FC2カウンター

検索フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。